溝口健二著作集

Topics

映画 | 配給 | 製作

映画『クジラの島の忘れもの』の製作が決定し、まもなくクランクインいたします。この作品は沖縄県座間味村、那覇市とベトナムでロケーションを敢行、夢を失くした女性と熱い夢を追いかけるベトナム人の青年が運命に導かれるように出会い、自己実現のため奔走しているうちに恋が芽生えていく、ピュアでやさしいラブストーリーです。主演には、昨年公開された『雨にゆれる女』でヒロインを演じた大野いと。相手役には、2018年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作品『Ready Player One(原題)』でDaito役に抜擢された森崎ウィン。監督は『クジラの島の忘れもの』が劇場長編デビュー作となる牧野裕二。撮影監督は『共喰い』『凶悪』『ピンクとグレー』などの今井孝博。どうぞお楽しみに!

主演の大野いとさん、森崎ウィンさん

出版

映画『無伴奏』フォトブック発売!
3月26日より公開『無伴奏』のフォトブックをつくりました。一部映画館でのみ先行発売中です。
撮影時のスチール、貴重なスナップのほか、プロデューサーによる撮影日誌「プロダクションノート」、原作者小池真理子X矢崎仁司監督対談や主演:成海璃子・池松壮亮・斎藤工、そして矢崎監督のインタビューなど読み物もたっぷり収録。映画製作の秘密、原作者の気持ち、監督や出演者の本音がよくわかる、他にはないフォトブックです。お洒落なウインドウ付きデザインなのでプレゼントにも最適。ぜひお買い求めください。4月中旬全国書店販売。販売に関するお問い合わせは 090-8101-7805(田村)までお願いいたします。
写真

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりましてありがとうございました。オムロは今年で創立25周年を迎えました。

今後とも、なにとぞよろしくお願い申しあげます。

 

映画 | 製作

still-0304(修正)
直木賞受賞作家、小池真理子の自伝的小説
「無伴奏」映画化!
小池真理子『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊)映画化。
1969年の仙台を舞台に、学園紛争に関っていた多感な女子高生が、名曲喫茶「無伴奏」で偶然に出逢った大学生と恋に落ちる。しかし彼女たちの行く手には、衝撃的な結末が待ち受けていた。主人公野間響子には、数々の映画、ドラマ、CMなどで活躍中の成海璃子。他に、演技力では定評のある池松壮亮。人気沸騰中の斎藤工など。
監督は矢崎仁司。『三月のライオン』(92)でベルギー王室主催のルイス・ブニュエル「黄金時代」賞受賞。『ストロベリーショートケイクス』(06)、『スイートリトルライズ』(10)、『太陽の坐る場所』(14)などに続き、本作が最新作として最高傑作の呼び声が上がっている。2016年公開。
成海璃子 池松壮亮 斎藤工
監督:矢崎仁司 原作:小池真理子『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊)
製作:重村博文/川村英己/西田宣善 
プロデューサー:登山里紗/山口幸彦/楠智晴 
脚本:武田知愛/朝西真砂 
配給:アークエンタテインメント 
製作:「無伴奏」製作委員会(キングレコード/アークエンタテインメント/オムロ)
2015/日本/カラー/16:9/5.1ch/132分/R15+ ©2015「無伴奏」製作委員会

出版

【オムロショッピングサイト開設】
ご好評をいただいております映画『無伴奏』フォトブックは、このホームページのshopからご購入いただけるようになりました。もしくは info@omuro.co.jp にご連絡いただいても結構です。ぜひご利用ください。
new_eiga mubanso photobook

映画 | 製作

小池真理子原作/矢崎仁司監督
映画『無伴奏』3月26日(土)公開!
新宿シネマカリテ・丸の内TOEIにて初日舞台挨拶を行います。詳しくはこちらをどうぞ。
スキャン

映画 | 配給 | 宣伝

愛をテーマにしたシリーズ第2弾3作品
「ラブストーリーズ2」
2016年1月23日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開
「再会 禁じられた大人の恋」
  成田裕介監督/熊切あさ美主演
1月23日(土)〜27日(水)
「別れた女房の恋人」
  金田 敬監督/丸 純子主演
1月28日(木)〜31日(日)
「ゆれる心」
  片岡修二監督/瀬戸早妃主演
2月1日(月)〜5日(金)
ラブストーリーズ
LS2_B5_omote_fin

「ニート・オブ・ザ・デッド/遺言」DVD
が発売されました。映画館でご覧いただけない方、見たけれどもう一度という方、お手元に置いて繰り返し見たい方、ぜひお買い求め下さい。AMAZON
kuno1_001ai

映画 | 配給

IMG_0458
IMG_0554
IMG_0555
異色のゾンビ映画2作品「ニート・オブ・ザ・デッド」「遺言」渋谷ユーロスペースでの上映は、満席立ち見の盛況で終了いたしました。皆様から多くのご声援をいただき、スタッフ・キャスト一同心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年賀状修正